Students

Students

2017年1月3日火曜日

【本の紹介】就活に困ったらとりあえずこれを読め!「銀のアンカー」  ※就活に失敗した者の末路についても書いてます。

どうも!本好きのビクトルです。

今回紹介する本は、就活生に必須のあのマンガ、「銀のアンカー」です。




ちなみにこれ、学校の図書室にも置いてありますよ!



あらすじと概要

就活の時期を迎えたのはいいが、特に強みになる経験もなくダラダラ過ごしていた田中雄一郎。同じく目標に対しこれといった対策をしてこなかったが行動力溢れる北沢千夏。
そんな彼らが「ニューヨークの草刈機」の名を持つ元カリスマヘッドハンター白川義彦と出会うのが物語の初めです。
白川は彼らの就活に対する認識の甘さを指摘し、どうすればいい企業に受かるのかアドバイスしていく

というのが大まかな流れです。


主な登場人物は以下の通りです。




銀のアンカーは全部で8巻あります。
この漫画は2007年頃発売にも関わらず、10年経つ現在でも通用するほど就活の本質を捉えています。
毎年「銀のアンカー式」と呼ばれる、この漫画を元にした就活本が発売されるくらいです。


要点

では早速ビクトルがこの就活漫画で3つの重要だと思うポイントを紹介していきます。


その1             企業が重視する、面接におけるチェックポイントベスト3
1        人柄
2        会社への熱意
3        今後の可能性

よくいる勘違い就活生に、「バイトやサークルの内容を充実させなきゃ」「とにかく資格を取りまくろう」という人がいます。がしかし、単に活動を充実させるだけではダメです。
「その会社に入りたいという熱意」がなければそもそも受からないのです。
いつの間にか手段と目的が逆転する、よくある事です。気をつけたいものですね。


その2             受かるES(エントリーシート)の三原則
1.     会ってみたいと思わせる
2.     面接で質問させる
3.     採用会議で思い出させる

有名企業ともなれば人事部は忙しいですから、ESにはさらっと目を通し、その中で見込みのありそうなものだけを選んでいるそうです。
つまり、あなたが送ったESに隅々まで目を通して選考してくれるわけではないのです。
だからこそ、上記3つが重要となってくるわけです。


その一流大学生と渡り合うために企業が求める当たり前のこと
1.     まず頑張ることを体験する
2.     手に入れるならきちっと対価を払う

まずは課外活動でも、インターンシップでも何でもやってみましょう。「就活ランナーズハイ」になるのです。
そして、手に入れるならきちっと対価を払う。一流企業に入りたければ、それなりの対価を払い、努力しなければいけません。

白川は言います。「一生懸命努力する三流大学生は、努力しない一流大学生に勝つ」と。



就活を頑張らなかった者の末路

私の学科の教授が言っていました。「この数ヶ月で残りの人生は決まる」と。
比喩でも何でもありません。

もしあなたが3年生で、「就活なんてなるようになるだろwww」と考えているのなら、それは大間違いです!


ちょっと怖い話をします

もし、ちゃんと就活をしないのなら、あなたはどこにも受からないでしょう。
テレビでやっていた「数十・数百社受けて全滅」は、遠い世界のことではありません。我々の目の前にも広がっていることですから。
企業の選考に連敗に連敗を重ね、残っているものは、ブラック企業か派遣くらいです。

休みも少なく、月何十時間も残業させて、残業代ゼロのブラック企業。
正社員より働かされるのに正社員より給与が低く、正社員が当たり前のように加入している福利厚生に入ることもできない。その上、代わりが見つかれば簡単に切り捨てられる派遣。

これほどキツい仕事内容なのに、彼らに他に居場所はありません。
なぜなら、転職しようとしてもどこも雇ってくれないからです。
企業はただでさえ人件費のやりくりが大変なのに、わざわざスキルも資格もない人を新たに雇うメリットがあるのでしょうか?


このような、安い給料で働き続けるしかない人々のことを「ワーキングプア」と言います。

景気が回復してきているようですが、日本はまだまだ就職氷河期。一度ワープアに陥ったら、這い上がるのは非常に難しい

あなたはこうなりたいですか?

なお、ワープアは歳を取るほどますます脱却が難しくなります。
できる内から努力しておいた方がいいんじゃないですか?




結局は行動あるのみ

少なくとも上記を他人事とは思わないで下さいね。


最後に、教授はこうも言っていました。

自分の可能性に自ら蓋をするな

就活の仕方が分からなければ、まずこの漫画を読みましょう。

そして、自分にできることから始めましょう。
何をすればいいのか100%分かっている人はいません。先が見えなくても「決断」し、行動しなくてはならない

バイトもサークルもしてない、就活で有利になるような経験を何もしてこなかったという人がいるでしょ?
私ですorz

だからこそ、ネタになりそうなことを見つけるために走り回らなければならないのです。
考えているだけではなく、行動しなければ見えてこないものもありますよ




「銀のアンカー式」もオススメ

今回は漫画について解説しましたが、前述の「銀のアンカー式」も読むと便利です。
「銀のアンカー」と合わさって相乗効果を発揮しますよ!!

銀のアンカー式は一冊ではなく複数冊あります。
「就活全般」「自己分析・エントリーシート」「筆記試験」などについて取り扱っています。





ではでは!!

2016年12月27日火曜日

ウィンターコンサート!

粉雪舞う季節…
こんにちはゆーみんです
今日は部活の近況報告をします(*’’)
1211日に白山台公民館で行われた
ウィンターコンサートに参加してきました~
主催はコール・シンシアという女性コーラスグループで
八戸高専の合唱愛好会も一緒にやりました!


私たちは『心の旋律』『星屑の街』の2曲を歌いました♪


『星屑の街』は私が2年生の時にK先輩がやりたいと言っていた曲で
あの時は結局やらずに終わってしまいましたが
今回ついに歌うことが出来てよかったです!!
なかなか音が覚えられないし、パートごとに更に2つに分かれているし、
11人ソロパートがある!)
こんな曲は今までやったことがなかったので
苦戦していたのですが、なんとか形になったのでほっとしています
それこそK先輩と一緒に歌いたいですね~(笑)


3団体合同合唱もありました!
曲目は『粉雪』『大地讃頌』『上を向いて歩こう』
『クリスマス・メドレー』『ありがとう』(アンコール曲)です
普段少人数なので後ろから音が聞こえてくると安心しますね…
音の中に包まれているというか…
お客さんたちも楽しんでくれたようで
みんなで集まって練習したかいがありました!

どんな感じだったか聞きたいと思ったアナタ!
YouTubeで「コール・シンシア」と検索すれば聞くことができます!
よろしくお願いします!!
聴いてください!!


(最後にみんなで)
当日は雪も降って寒かったですけど
歌声で暖かさをお届けできたのではないでしょうか(*^^*)


今年は学外で活動する機会が多かった1年でした(しみじみ)
少しずつ合唱部の知名度が上がりつつあると思うので!
歌い続けていけたらいいなと思います~

それでは次回の記事にて(‘’)

2016年12月24日土曜日

【オススメ本】カイジ×経済学シリーズ

初めまして、本好きの「ビクトル」です。
そろそろ本格的に就活が始まる時期です。3年生にとってこの時期は就活を意識せざるを得なくなりますね。

そんな3年生を初めとした皆さん、自分が社会人となって働いている姿を明確にイメージ出来ていますか?
もうすぐ社会に飛び立つ八工大生の皆様に役立つ本を紹介したいと思います。


その名も「カイジ×経済学」シリーズ。
あの有名な漫画「カイジ」を経済学的な視点から解説した本です。





カイジの解説を元にした、現代社会を生きるのに知っておかなければならない知識が詰まっています。


「カイジ」はギャンブル漫画です。バイト先の後輩の借金の保証人になったことがきっかけで、危険なギャンブルの世界で戦っていくという話です。

普段だらしないけれども、いざとなったら潜在能力を発揮してギャンブルに勝利するカイジ。
経済学的な視点から見た時、果たして彼は一体何者なのでしょうか。


このシリーズは現在4冊出ており、それぞれ

「お金」
「働き方」
「生き方」
「覚悟の決め方」

について言及しています。

特に「お金」と「働き方」の話は、カイジを経済学的に解説した項、現代に生きるために必要な素養と共に一番言及されているのでオススメです。


今度、「働き方」の本が図書室に置かれるそうです。是非読みに行ってみましょう。





ここで皆さんにクイズです。


皆さん、会社の給料がどんなルールで決まっているのか考えたことがありますか?

「優秀であるかどうかだろ?」
「会社に与えるメリットが大きい人じゃない?」


そう思ったあなた、残念ながらハズレ。答えは「労働力の積み上げ」です。

社会の仕組みやルールを理解していないと、将来カイジのように借金まみれになるかもしれませんよ?

2016年12月18日日曜日

八戸ブックセンターイベント「土地と声」に参加してきました!

はじめまして、E1年のみんと申します!

皆さんは124日に八戸中心街で「八戸ブックセンター」がオープンされたことをご存じでしょうか?八戸ブックセンターは「本のまち八戸」の推進拠点として読書会ルームや本を執筆するカンヅメブースなどの本に関する様々なサービスを提供している施設です。私も先日初めて行ってみたのですが、連日1000人以上のお客様にご利用頂いているそうで大盛況でした。本は静かに読みたい派の自分としてはちょっと…(笑)。

さて、先日17日にこの八戸ブックセンターにて「土地と声」というイベントが開かれました。
このイベントは、八戸出身の作家である木村友祐氏をはじめ、管啓次郎氏、温又柔氏、石田千氏をお招きして、課題本にそったワークショップ・トークイベントを行うというものです。
このイベントに、八戸工業大学大学から某日本語講師(なんだよその遠回しな呼称!by.某日本語講師)、そして2年生の先輩(写真右)と私の3人で参加して来ました。
ワークショップは2グループに分かれて行ったのですが、他の2人がまさかの別グループ…。しかも大学の課題が忙しくて課題本を読み終えたのが前日…。この時点で指先の震えが止まりませんでした。
そのわりに余裕の表情で、岩崎研で打ち合わせしているみんくん(写真左)
 今回、私のグループの課題本であった『来福の家』は、台湾生まれ日本育ちの主人公が台湾語、中国語、そして日本語の3つの言語の間で格闘する様子を書いたお話です。
殆どの人にとって言語とは相手に言葉を伝える道具に過ぎないのだと思いますが、この本を読んで、私は母語と母国語について考えさせられました。


ワークショップは最初に課題本を一人ずつ音読することから始まりました。やはり皆さん普段から本を読まれていて慣れているのか、音読の上手いこと上手いこと…。自分は思い切り声が震えていたと思います…。ああ思い出したくない。その後、一人ずつ簡単に本の感想を述べました。
私は普段それなりに本を読んでいるのですが、感想を誰かと共有するというのは初めてで、凄く緊張しました…。一人ずつ感想を述べた後作者の温又柔さんからコメントを頂くのですが、流石は作家、どんな拙い感想文でもしっかりと聞いてコメントを返してくれます。
実は私、1年前期で中国語基礎を履修しておりまして、ピンインなら読むことが出来ます。そのことをワークショップ中にお話ししたら温又柔さんに気に入って頂けたらしく、終わり際に何故か私が簡単なピンイン講座をすることに(!?)。
イベントが始まる前は不安で胸がいっぱいでしたが、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。そしてなんと、イベント終了後温又柔さんから個人的に英語、中国語、韓国語、そして日本語で書かれた文章の贈り物が…!


季刊雑誌「Coyote」に記載されたエッセーを温又柔さんの友人が翻訳して下さったものらしいです(写真がいただいたエッセーです)。


今回のイベントの課題本は『来福の家』そして『家へ』でした。
興味のある方は、是非手に取ってみて頂けたら幸いです!

2016年12月15日木曜日

東北TECH道場,成果発表!

 皆さん,こんにちは,こんばんは.久しぶりに筋トレを再開したら全身筋肉痛になった「すけ
さん」でございます.

 今回は Google が後援するプログラミング道場,「東北TECH道場」の成果発表会に参加してきましたので,その内容を記事にしたいと思います.

 成果発表は,東北6県,全7か所で同時中継で行われました.私たち「八戸道場」からは,私と同じシステム情報工学科の滝沢君と八戸商業高校の学生さんの二人が発表しました.

 では,他の道場の発表も併せての写真ラッシュをどぞ~!( ゚д゚)つ~□






 八戸道場の一人目,3I の滝沢君は「情報セキュリティマネジメント試験対策アプリ」を発表しました.以前から作成していたクイズアプリを拡張し,「情報セキュリティマネジメント試験」に対応させたアプリです.データベースに “SQLite” を用いており,見やすい UI のナビゲーションドロワー,リストビューを用いた分かりやすい解説など実用性に富んだ機能が豊富で,私自身とても参考になることが多かったです.リリースしたら是非ダウンロードしようと思います!

 二人目は,八戸商業高校の学生さんが発表しました.彼が制作したのは,「寿司シューティングゲーム」という可愛い寿司のキャラクターが出てくる,シューティングゲームです.見た目が可愛らしいだけでなく,シューティングゲームで必要となってくる衝突判定をしっかり作成ししており,思わず「おっ!」っと言ってしまいました.また,食とエネルギーを県の政策としている青森県ならではのアプリだな,と思いました!





 他の道場もいろいろなアプリを紹介しており,見ていてすごいなと思うと同時に,自分ももっ
と頑張らなければと思いました!
 
 さて,今期の東北TECH道場はこれで一旦終わりとなりましたが,来年また開催されると思うので,私は次も参加したいと思っております.単純にプログラミングの勉強になるだけでなく,こういったコミュニティに参加することで,人と人との繋がりの大切さを改めて実感することができ,貴重な体験をすることができると思います.

 もし興味がある方は,来年の東北TECH道場に是非参加してみてはいかがでしょうか?
 待ってます!

 それでは,今回はこの辺くらいにしておきます.次回の記事でまた会いましょう!( ゚д゚)ノシ

2016年11月3日木曜日

Trick or Treat!

こんにちはゆーみんです
前回の投稿で毎月更新とか言いつつすっかり11月です
ネタはいっぱいあったはずなのに…


反省はさておき今日のお題は
ハロウィンです!🎃
タイトルで分かっちゃいますかね
仮装したり、お菓子を配ったり、元々外国のお祭りですが
今じゃすっかり日本でも恒例行事になっていますよね!
お菓子より仮装に重きを置いている気はしますが…(笑)

私もハロウィンに乗っかりたい人なので
毎年友達とお菓子を交換しています
あと魔女とかジャック・オ・ランタンとか
ハロウィン系のモチーフが好きで
ついつい買いたくなっちゃうので
今年は研究室の前を飾り付けちゃました



大体100均で買いそろえました~
ここだけ異質な空間でしたよね…(;´∀`)
階段上がってすぐで目につきますし
でも後悔はしていません!
次回作はクリスマスの予定です!!


それと所属している合唱部でも毎年ハロウィンをやっています
こういう行事は欠かしません(^^






(巫女多い…)
各々がコスプレして集まります
ライトなものからヘビーなものまであります
突然始まる寸劇があったり、コスプレをコラボさせたり
結構楽しいです
こういう日じゃないとコスプレ出来ませんし(笑)
いつかパーティやりたいですね!

今年は目玉ゼリーとかお化けのクッキーとか
作ってみたかったんですけど
やらずじまいだったので来年チャレンジしようと思います!!


それでは次回の更新にて(*’’)

2016年11月2日水曜日

10月22日開催!“東北TECH道場”に参加してきました!

 ども〜すけさんです.最近,同じところの口内炎を噛みまくってテンションがおかしくなっております!(笑)
 なんだかんだ言って前回の記事からだいぶ経っております.いやぁ…ワタクシ自身いろいろ忙しかったもので書きたくても書けなかったのであります(←言い訳)



今回も,Androidアプリ開発を学ぶ,東北TECH道場”へ参加してきたので,報告も兼ねて記事にしたいと思います.

 今回の東北TECH道場には,大学生・高校生含めて約7名くらい参加しました.場所は,八戸工業大学のメディアセンターで行われました!前回に引き続き,皆思い思いのアプリを制作しております!


 写真は一応は取ってきましたよ〜.今回は写真少なめですがご容赦ください!m(_ _)m




 

 今回は大学生のみを写真に収めたため写真が少なめになっておりますm(_ _)m

 写真に写っているのは,私と同じ3Iの滝沢くんと,システム情報工学科の小玉先生の研究室に所属する4年生の先輩方です.

 制作の雰囲気は前回,前々回と変わらず和やかな雰囲気の自習スタイルという感じで進めておりました.
 作業内容は前回と変わらずアプリ制作ですが,皆さん,どんどんアプリを作成しているように思いました.私自身,今回は来てくださった講師の方や,サポートの方に色々と聞きながら自分が作成しているアプリの骨格を作成していました(何を作っているかは秘密でございます)
皆さんがどのようなアプリを制作しているかは前回の記事を参照ください.

 さて,今回は短いですがこれにて報告を終わりにさせていただきます!
 東北TECH道場は来月もう一回あり,再来月は各道場をつないだ報告会となります!その際は必ず記事にいたしますので,ぜひ見ていただけると嬉しいです.



 それでは,次の記事でお会いしましょう!三('ω')( ε: )(.ω.)( :3 )('ω')( ε: )(.ω.)( :3 )ゴロゴロ~