Students

Students

2017年4月30日日曜日

後編ですよ

レッドです。


桜も八戸工業大学の周辺も満開に近く、もしかするとこの記事が投稿されるころにはもう散り始めているかも知れません。
そんな桜の色は薄い桃色に近い、和色で表せば虹色や珊瑚色と言われるものを想像しやすいものですが、私はソメイヨシノ由来のその色よりも、ヤマザクラ由来のもっと深い鴇色のような桜の方が好きです。ただソメイヨシノより開花時期が遅いので、八戸で見るのはもうしばらく後かもしれません。


さて、前半に引き続き、今回はサークルのなかから愛好会を中心に紹介します。
今回も個人的なチョイスになりますので、紹介されていないサークルも出てきてしまいます。
もし前・後半どちらも興味のあるサークルがなかった方は、是非本校公式サイトのサークル一覧及び愛好会・研究会一覧をチェックしてみてください。より多くのサークルが掲載されています。

漫画研究会
八戸工業大学には感性デザイン学科が存在します。そこでは商業デザインだけでなく、広く芸術に関しての教育を行っています。そしてその学科の活動に近しい部活動であるアーツテック研究部や美術研究部以外にも、同様に活動している愛好会が幾つか存在しています。
その中でも漫画に特化しているのが、この漫画研究会。漫画、私は描いたり読んだりはあまりしたことが無いのですが、文で書くのに四苦八苦する場面が漫画だと効果的に表現しやすいのは強みであり、羨ましいところです。如何でしょう、漫画研究会。個人的に一次創作なのか二次創作なのか気になるところです。(書いた後に知りましたが、どうやら一次創作らしいです。)


茶道愛好会
茶道というと、堅苦しいイメージが先行しますが、この愛好会はそれだけが茶道ではないのだと教えてくれます。勿論裏千家の先生が定期的に来られ指導を行ってくれるのですが、作法や所作だけでなく、季節感の楽しみ方や気配りなどを、ときに冗談なども交えながら教えていただいているようです。私も習いたい。
茶道、抹茶や和菓子なんかが好きな方も如何でしょう。きっとよりお茶の時間が楽しめるようになるのではないでしょうか。

文芸愛好会
前編後編共に桜の話題を口にしていると、どうしても私は坂口安吾の名前が出てくるのですが、皆様はどんなものを思い浮かべるでしょうか。やはり切ない歌でしょうか。それとも、夜桜の美しさでしょうか。はたまたどんちゃん騒ぎの喧噪でしょうか。お酒を桜にかけてはいけません。
文芸愛好会は、その想像、場合によっては妄想を一つの作品にします。勿論絵や音楽で表現しても良いのですが、そこで敢えて文字というもっとも基本的なツールで表現することは、私達の内面世界を広げることにもなるのではないでしょうか。
現在はどうやら部誌として一次創作の掲載を行い頒布しているようです。二次創作も問題ないようですし、どうやら読むのが専門の人も入会可能なようですので、活字中毒者にも優しい愛好会だと思います。


どうでしょうか。私の文では魅力を伝えきれないのが悲しいところではありますが、少しでも魅力が伝わればいいなと思います。


以上レッドでした。


今日の蛇足


大学の渡り廊下に見えるある芝生には、他のカラスよりも一回り大きいカラスがいつもいる。きっとこのカラスはドンなのだろう。一際強そうである。

2017年4月16日日曜日

文化系サークル紹介「部の巻」



春ですね。
まだ沢山の満開の桜が一面に広がる様など見られるほど暖かくはないのですが、入学式を終えて少しの新入生を見ていると、次の年度の到来を感じます。
私レッドも、去年はその初々しさの有無はさておいて同じ立場であったような気がするのですが、去年度の多くの出来事を思い返せばそれも、随分昔のことのように思います。
卒業した先輩方や退職された先生方は健やかに過ごされていますでしょうか。
インフルエンザの方もまだちらほらと見受けられますから、体調は重々気をつけたいものです。

さて、そんな少し重々しい冒頭はさておき。

新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。

授業もまだガイダンスの段階で本格的な指導がスタートしていないこともあり、まだまだ大学生活に慣れるまで時間がかかると思います。
また人によってはこれからアルバイトを始めたり、車の免許をとったり。そしてなにより新しい部活動や趣味を始めるする新入生は大勢いると思います。

そう、部活動。

やはり大学ではサークル活動といった方が良いのでしょうか。

先日体育館ではサークル紹介の場があり、多くの新一年生が各サークルの活動内容や所属する先輩方の顔を見に行ったことと思います。今回はそのサークル紹介に参加していたサークルの中から、私の独断と偏見で幾つかの文化系サークルを二回に分けて、写真と多大な私見を交えて紹介しようと思います。
なお、体育系サークルは私の専門外ですのであしからず。


美術研究部
実は現在、八工大の芸術系サークルはアーツテック研究部と美術研究部の二つが存在します。しかし活動内容は程よく住み分けられていて、アーツテック研究部が漫画やイラスト等のサブカルチャー方面に強みを見出しているところと比較すると、落ち着いてしっかり制作に打ち込みたい人に向いているのではないかなと”個人的には”思います。最初に紹介するのは美術研究部。写真の通り絵が活動の中心のようですが、曰く陶芸なんかも良いそうで、私も少々気になっていたサークルです。私は絵がからっきしなのですが、小物製作は好きなのです。
あとどうでもいいことですが、左の人は絵が大きくて隠れちゃってますね。どうでもいいことですが。
吹奏楽部
サークルや中高の部活動において、文化系の花形として良く挙げられる吹奏楽部。勿論うちの大学にもあります。
楽器もそれなりに揃っていますし、比較的自由に練習して良いようですので、興味がある方はいかがでしょうか。
初心者さんも歓迎ですが、本来吹ける楽器と違う楽器を練習しても良いようです。
個人的には小編成アンサンブルなんかやってみたいですね。流石にオーボエやファゴットまではないので木管の古楽アンサンブルとかは難しそうですが。
部室は五限終了後から比較的遅くまで練習に利用できます。また土日も部員であれば自由に練習できるようです。尚、写真は男ばかり写っていますが、たまたまだと思います。

合唱部
さて、この合唱部ですが、実は他の部と違い、部室と練習場所が違います。部室棟に防音室を用意出来ない等色々と理由はあるのですが、現在は新聞閲覧室(本館一階の開けたスペース)及びその二階にある多目的ホールにて練習を行っています。音楽系サークルは現在上記二つ以外にこの合唱部と、軽音が主体の音楽研究部が存在します。
そのうち合唱部はその名の通りChorusをするためのサークルです。私自身はクラシック畑の人間なので、Chorusといえば聖歌であったりの厳かなイメージが先行するのですが、所謂吹奏楽部のように、POPsの編曲であったり唱歌であったりと、思っていたより自由度は高いようです。バッハやゼレンカだけが合唱じゃないんですね。
6時以降は活動しているようですので、興味のある方は足を運んでみてください。

将棋部
将棋と聞くと、とても古めかしく、時代遅れに感じるかも知れません。そしてそれはある意味において正しいのですが、それでも長い歴史の中で続いてきた遊戯というものには、それだけの重みと深み、面白みがあるのだと思います。そして時代遅れとは言わせないほどの何かを私達にもたらすのだと思います。
と、真面目な話はさておいてこちらの将棋部。とても親切に将棋について教えて貰えるようですね。また、面を合わせて打つだけでは無く所謂コンピューター将棋も部室で行えるようです。こちらは部室棟二号館(バス停横の尚志館の裏手)の二階上がってすぐの部室にて比較的コンスタンスに活動していらっしゃるようですので、足を運んでみるのも良いのではないでしょうか。


さて、前半は文化系サークルのうち「部」を中心に紹介しました。
後半は「愛好会」を重点的に紹介いたしますので、よろしくお願いします。


以上、レッドでお送りしました。


蛇足の一言

私はかなりクラシックオタクなようで、クラシックの話を始めると夢中になっているようです。好きなんだから仕方ないですよね、テレマンとメンデルスゾーンが一番好きです。モーツァルトはジュピターが好きです。ホルストの方じゃ無いです。ホルストも好きですが。

2017年2月28日火曜日

【本の紹介】神様ガネーシャが教えてくれる!!成功とは何か?「夢をかなえるゾウ」

どうも!本好きのビクトルです。


早速本を紹介したいと思います。
知ってる人は知っていると思いますが、「夢をかなえるゾウ」という本です。



個人的に自己啓発本の中でも、最高峰の一つだと思っております。



概要

この本は2007829日に発売された本です。

発売後人気になり、かつて2009113日から915日までアニメが放送されていました。
「バラエティーニュース  キミハ・ブレイク」というテレビ番組を見ていた人は覚えていると思います。



その後もドラマ化、オーディオブック化を果たしています。




シリーズ化しており、現在3冊目まで発売です。



この本の紹介

うだつの上がらない主人公の元に突如現れた、胡散臭い神様「ガネーシャ」。
主人公はそんなガネーシャから辛口ながらも的確なアドバイスを受け、成長していく
という物語です。


ガネーシャの教えはそれぞれ章の最後にまとめられていて分かりやすくりなっています。
そのため、頭にスッと入ってくるのです。

「主人公の成長物語」という形式であり、実際に主人公がガネーシャの教えを実践して、気づきや考え方が変わっていく様を体感できます。
最初は下らない、やる価値がないと思うような教えでも、ガネーシャの理路騒然とした説明に最後は読者の皆さんも納得していることでしょう。


そして最後まで読めば、

「そもそも成功とは何なのか」
「成功者とはどのような人なのか」

という、啓発本を読む人が求めてやまない疑問が解消されるのです。



まとめ

実はガネーシャの教えは、他の啓発本に書いてある内容を分かりやすく教えていただけであったことが、物語の途中で判明します。

その真実を教え、これまで様々なことを学んだ主人公に対し、ガネーシャは問います。

「なぜ世の中にはこんなに啓発本が溢れていると思う?」

ガネーシャ曰く、「そんな簡単に成功できないから」なのだそうです。
そもそもそんな簡単に成功できるなら、毎年啓発本は発売されないですね。
だから毎年あれだけの数の啓発本が本屋で買われていくのです。
結局、大事なことは一朝一夕には身につきません。長年の積み重ねなのです。


また、ガネーシャはこうも言います。「何かを決意しても、ほとんど長続きしなかった経験ばかりではないか?」と。
主人公もそうなのですが、きっとこの記事を読んでくれている人にもそういう人は結構いるでしょう。

主人公は「意識を変えられないから長続きしないのではないか?」とガネーシャに言います。
しかし、ガネーシャはそれを否定します。それどころかむしろ逆だそうです。「意識を変えようとするからダメなのだ」と。

「意識を変えるだけでは変われない。人間が変われるのは、『立って、何かをした時だけ』だ」

そう、世に成功本が溢れているのも、決意した習慣が三日坊主で終わるのも、これが原因です。
結局は「本気でやるかやらないか」の違いだけなのでしょう。
それこそが、ガネーシャが一番教えたかったことではないのでしょうか?



おまけ

この本も素晴らしいですが、2巻目、3巻目も素晴らしいですよ!

2巻は、30歳過ぎても売れない芸人がガネーシャと共に夢を掴んでいく話
3巻は、これまた30歳になるモテない売れ残り女の主人公がガネーシャと共に幸せを掴んでいく話です。



ぜひ読んでみて下さい、




ではでは!!

2017年2月21日火曜日

家から大学まで走ってみた

 皆さん,こんにちは,こんばんは.最近,お肉といえば鶏胸肉,野菜といえばブロッコリーば かりな「すけさん」でございます.
 今回は家から大学まで走ってみたので,その感想を淡々と書いていきます.あんまり面白くない かもしれません.

 私の実家から大学まで車で約20分,自転車だと約30分~40分位かかります.まぁ,それなり に距離があるように思えます.私自身,絶対10㎞以上あると思っていました.しかし実際測った わけじゃないしなーと思ったので,GPS 機能付きのランニングアプリを使用して実際に走って測っ てみることにしました.

 八工大の近くに私の祖母の家があるので,そこに道具と着替えを置いて,実家に一度帰り,車 を置いて準備完了.あとは,アプリを起動して学校まで走るだけ.さて,何㎞あるか….ワクワ クしながら走りました.
 はい,ランニングの結果は以下のとおりです(́・Д・)つ




 結果は,9.51㎞ でした.以外と距離はなかったです.普通にノンストップで来れました.自分 としては10㎞以上あると思っていたので少し残念です(ー ー;)まぁ,家から大学までの大体の距離が 分かったので良しとしましょう.

 個人的にはタイムが遅いので,50分切るようにしたいです.距離に関しては往復すれば稼げる ので,今度からは大学からスタートしたいと思います.あとは雪が溶けてくれれば,少しは走りや すくなる!( ゚д゚)クワッ!

 さて,体を動かすことはいいことだと思います.最近,運動していない方も暖かくなってきたら 運動してみるのも悪くはないかもしれませんね.
 それでは,また次の記事でお会いしましょう.じゃ,またな~!

2017年1月3日火曜日

【本の紹介】就活に困ったらとりあえずこれを読め!「銀のアンカー」  ※就活に失敗した者の末路についても書いてます。

どうも!本好きのビクトルです。

今回紹介する本は、就活生に必須のあのマンガ、「銀のアンカー」です。






ちなみにこれ、学校の図書室にも置いてありますよ!



< あらすじと概要 >

就活の時期を迎えたのはいいが、特に強みになる経験もなくダラダラ過ごしていた田中雄一郎。同じく目標に対しこれといった対策をしてこなかったが行動力溢れる北沢千夏。


そんな彼らが「ニューヨークの草刈機」の名を持つ元カリスマヘッドハンター白川義彦と出会うのが物語の初めです。


白川は彼らの就活に対する認識の甘さを指摘し、どうすればいい企業に受かるのかアドバイスしていく…。


というのが大まかな流れです。全部で8巻です。



以下が主な登場人物です。







この漫画は2007年頃発売にも関わらず、10年経つ現在でも通用するほど就活の本質を捉えています。
毎年「銀のアンカー式」と呼ばれる、この漫画を元にした就活本が発売されるくらいです。



要点

では早速ビクトルがこの就活漫画で3つの重要だと思うポイントを紹介していきます。


その1             企業が重視する、面接におけるチェックポイントベスト3
1        人柄
2        会社への熱意
3        今後の可能性



よくいる勘違い就活生に、「バイトやサークルの内容を充実させなきゃ」「とにかく資格を取りまくろう」という人がいます。がしかし、単に活動を充実させるだけではダメです。そもそも「その会社に入りたいという熱意」がなければ受かりません
いつの間にか手段と目的が逆転する、よくある事です。気をつけたいものですね。



その2             受かるES(エントリーシート)の三原則
1.     会ってみたいと思わせる
2.     面接で質問させる
3.     採用会議で思い出させる

有名企業ともなれば人事部は忙しいですから、ESにはさらっと目を通し、その中で見込みのありそうなものだけを選んでいるそうです。
つまり、あなたが送ったESに隅々まで目を通して選考してくれるわけではないのです。
だからこそ、上記3つが重要となってくるわけです。


その一流大学生と渡り合うために企業が求める当たり前のこと
1.     まず頑張ることを体験する
2.     手に入れるならきちっと対価を払う

まずは課外活動でも、インターンシップでも何でもやってみましょう。「就活ランナーズハイ」になるのです。
そして、手に入れるならきちっと対価を払う。一流企業に入りたければ、それなりの対価を払い、努力しなければいけません。

白川は言います。「一生懸命努力する三流大学生は、努力しない一流大学生に勝つ」と。



就活を頑張らなかった者の末路



私の学科の教授が言っていました。「この数ヶ月で残りの人生は決まる」と。

比喩でも何でもありません。


もしあなたが3年生で、「就活なんてなるようになるだろwww」と考えているのなら、それは大間違いです!
ちょっと怖い話をします…。


もし、ちゃんと就活をしないのなら、あなたはどこにも受からないでしょう。

テレビでやっていた「数十・数百社受けて全滅」は、遠い世界のことではありません。我々の目の前にも広がっていることですから。

企業の選考に連敗に連敗を重ね、残っているものは、ブラック企業か派遣くらいです。


休みも少なく、月何十時間も残業させて、残業代ゼロのブラック企業。
正社員より働かされるのに正社員より給与が低く、正社員が当たり前のように加入している福利厚生に入ることもできない。その上、代わりが見つかれば簡単に切り捨てられる派遣。



これほどキツい仕事内容なのに、彼らに他に居場所はありません。

なぜなら、転職しようとしてもどこも雇ってくれないからです。


企業はただでさえ人件費のやりくりが大変なのに、わざわざスキルも資格もない人を新たに雇うメリットがあるのでしょうか?



このような、安い給料で働き続けるしかない人々のことを「ワーキングプア」と言います。

景気が回復してきているようですが、日本はまだまだ就職氷河期。一度ワープアに陥ったら、這い上がるのは非常に難しい…。


あなたはこうなりたいですか?
なお、ワープアは歳を取るほどますます脱却が難しくなります

できる内から努力しておいた方がいいんじゃないですか?




結局は行動あるのみ



少なくとも上記を他人事とは思わないで下さいね。


最後に、教授はこうも言っていました。

自分の可能性に自ら蓋をするな


何をすればいいのか100%分かっている人はいません。社会に出れば一寸先は闇なのは当たり前。
例え先が見えない状況だろうと、「決断」し、行動しなくてはならないのです。


バイトもサークルもしてない、就活で有利になるような経験を何もしてこなかったという人がいるでしょ?
私ですorz



だからこそ、ネタになりそうなことを見つけるために走り回らなければならないのです。
考えているだけではなく、行動しなければ見えてこないものもありますよ




< 「銀のアンカー式」もオススメ >

今回は漫画について解説しましたが、前述の「銀のアンカー式」も読むと便利です。

「銀のアンカー」と合わさって相乗効果を発揮しますよ!!

銀のアンカー式は一冊ではなく複数冊あります。


「就活全般」「自己分析・エントリーシート」「筆記試験」などについて取り扱っています。




ではでは!!

2016年12月27日火曜日

ウィンターコンサート!

粉雪舞う季節…
こんにちはゆーみんです
今日は部活の近況報告をします(*’’)
1211日に白山台公民館で行われた
ウィンターコンサートに参加してきました~
主催はコール・シンシアという女性コーラスグループで
八戸高専の合唱愛好会も一緒にやりました!


私たちは『心の旋律』『星屑の街』の2曲を歌いました♪


『星屑の街』は私が2年生の時にK先輩がやりたいと言っていた曲で
あの時は結局やらずに終わってしまいましたが
今回ついに歌うことが出来てよかったです!!
なかなか音が覚えられないし、パートごとに更に2つに分かれているし、
11人ソロパートがある!)
こんな曲は今までやったことがなかったので
苦戦していたのですが、なんとか形になったのでほっとしています
それこそK先輩と一緒に歌いたいですね~(笑)


3団体合同合唱もありました!
曲目は『粉雪』『大地讃頌』『上を向いて歩こう』
『クリスマス・メドレー』『ありがとう』(アンコール曲)です
普段少人数なので後ろから音が聞こえてくると安心しますね…
音の中に包まれているというか…
お客さんたちも楽しんでくれたようで
みんなで集まって練習したかいがありました!

どんな感じだったか聞きたいと思ったアナタ!
YouTubeで「コール・シンシア」と検索すれば聞くことができます!
よろしくお願いします!!
聴いてください!!


(最後にみんなで)
当日は雪も降って寒かったですけど
歌声で暖かさをお届けできたのではないでしょうか(*^^*)


今年は学外で活動する機会が多かった1年でした(しみじみ)
少しずつ合唱部の知名度が上がりつつあると思うので!
歌い続けていけたらいいなと思います~

それでは次回の記事にて(‘’)

2016年12月24日土曜日

【オススメ本】カイジ×経済学シリーズ

初めまして、本好きの「ビクトル」です。
そろそろ本格的に就活が始まる時期です。3年生にとってこの時期は就活を意識せざるを得なくなりますね。

そんな3年生を初めとした皆さん、自分が社会人となって働いている姿を明確にイメージ出来ていますか?
もうすぐ社会に飛び立つ八工大生の皆様に役立つ本を紹介したいと思います。


その名も「カイジ×経済学」シリーズ。
あの有名な漫画「カイジ」を経済学的な視点から解説した本です。





カイジの解説を元にした、現代社会を生きるのに知っておかなければならない知識が詰まっています。


「カイジ」はギャンブル漫画です。バイト先の後輩の借金の保証人になったことがきっかけで、危険なギャンブルの世界で戦っていくという話です。

普段だらしないけれども、いざとなったら潜在能力を発揮してギャンブルに勝利するカイジ。
経済学的な視点から見た時、果たして彼は一体何者なのでしょうか。


このシリーズは現在4冊出ており、それぞれ

「お金」
「働き方」
「生き方」
「覚悟の決め方」

について言及しています。

特に「お金」と「働き方」の話は、カイジを経済学的に解説した項、現代に生きるために必要な素養と共に一番言及されているのでオススメです。


今度、「働き方」の本が図書室に置かれるそうです。是非読みに行ってみましょう。





ここで皆さんにクイズです。


皆さん、会社の給料がどんなルールで決まっているのか考えたことがありますか?

「優秀であるかどうかだろ?」
「会社に与えるメリットが大きい人じゃない?」


そう思ったあなた、残念ながらハズレ。答えは「労働力の積み上げ」です。

社会の仕組みやルールを理解していないと、将来カイジのように借金まみれになるかもしれませんよ?